2011/04/24

オフライン辞書(PDIC mini for Android)


Galaxy PlayerやGalaxy Tab WiFiという端末も出てきましたし、複数台保有も増え、通信が必要な時だけWiFiで運用というケースも多いかと思います。

そこで、昔使用していたオフラインで利用可能な辞書を復活させてみました。

野良アプリを使いますので、トライされる場合は、自己責任にてお願い致します。

【使用するアプリ】

■Korean Hangul Keyboard
https://market.android.com/details?id=com.socialnmobile.hangulkeyboard&feature=search_result

■かずお韓国語辞典
http://kazuo.fc2web.com/Korean/

■PDIC mini for Android
http://d.hatena.ne.jp/hishida/20100708/p1

【インストールと設定】

■Korean Hangul Keyboard

韓国語入力用のインプットメソッドです。

設定方法については以下のページをご参照ください。

インプットメソッドの追加
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2010/12/blog-post_17.html

■かずお韓国語辞典

PDIC形式の韓日・日韓の辞書データです。

http://kazuo.fc2web.com/Korean/ から「かずお韓国語辞典「フリーPDIC版」Ver.9.10」をダウンロードします。

ZIP形式で圧縮されて配布されていますので、解凍して、フォルダ毎、端末側にコピーします。

■PDIC mini for Android

PDIC形式の辞書アプリです。(辞書データは付属しません。)

http://d.hatena.ne.jp/hishida/20100708/p1 にあるリンクを端末のブラウザからクリックしてインストールします。

端末の設定メニューから「3rdパーティ製のアプリケーション」を有効にしておいてください。(自己責任でお願いします。)

辞書ファイルの設定は「メニュー」[Open]から「Kazuo_freeU/」を選択し、[OK]をクリックします。


【使用例】

入力欄の長押しからインプットメソッドを日本語/韓国語切り替えて検索すると、自動的に言語を判断し、翻訳結果が表示されます。


2011/04/13

root化すると何が出来るのか?


Last update ; 26/Nov/2013

「root化すると何が出来ますか?」「何のためにroot化するのですか?」「root化した方がいいですか?」「root化しないと駄目ですか?」といったご質問をよく頂きます。

そこで、ひとつの例として、当方は何のためにroot化しているのか、root化して何をしているのかをまとめてみました。

【root化とは?】

乱暴な言い方をすると、WindowsのAdministrator権限の様なものです。

root化すると、本来はユーザ側が弄れない領域のフォルダやシステムファイルをコピー・移動・削除したり、変更したりする事が出来るようになります。

カスタマイズの自由度が上がる反面、端末の保証が効かなくなったり、間違った操作によって端末が起動不可になったりするリスクがあります。

【root化が必須なアプリ】

Superuserに「許可済」として登録されているアプリを見れば、自分が使用している「root化必須」のアプリが判ります。

これらのアプリはroot化されていない端末では動きません。


■AdAway
https://f-droid.org/repository/browse/?fdid=org.adaway
端末のhostsファイルを書き換えることにより各アプリ内で表示される広告を非表示にするツールです。
参考記事;http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2011/11/adaway.html

■Andromizer
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.j.y.daddy.customizer
システム設定の変更や書き換え、アプリの管理、タスク管理等が出来ます。Delvik-CacheのWipe等に使用しています。

■AnReboot
https://market.android.com/details?id=net.londatiga.android.anreboot&feature=search_result
素早くリブート出来るツールです。カスタマイズマニアで頻繁にリブートする人向けです。
出来る事は電源ボタン長押しからのリブートと同じです。(リカバリリブートも出来ます。)

■BusyBox installer
https://market.android.com/details?id=stericson.busybox&feature=search_result
root化した時に使うコマンド集(BusyBox)をインストールするツールです。BusyBoxが無いとroot化してもシステムファイルの書き換え等が出来ません。

■ESファイルエクスプローラー
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.estrongs.android.pop
root化済端末ではこのファイラーを使ってシステムファイルのコピー・貼り付け・削除・移動・差し替え等が出来ます。

■Greenify *ROOT: Renew my Phone
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.oasisfeng.greenify
常にバックグラウンドで起動しているアプリを休止させる事が出来ます。休止中も通常通りアプリを起動して操作する事が出来ます。

■ROM Toolbox Lite
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.jrummy.liberty.toolbox
システム設定の変更や書き換え、アプリの管理、タスク管理等が出来ます。build.propの書き換え等に使用しています。

■Root Explorer
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.speedsoftware.rootexplorer
root化済端末ではこのファイラーを使ってシステムファイルのコピー・貼り付け・削除・移動・差し替え等が出来ます。

■SGS Tools
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=775154&page=37
プリインストールアプリの削除、再起動音の無音化、Galleryの差し替え等が簡単に出来ます。
このアプリは既に開発が終了されていて、Marketからはダウンロード出来ません。

■Titanium Backup ★ root
https://market.android.com/details?id=com.keramidas.TitaniumBackup&feature=order_history
バックアップアプリです。システムの設定のバックアップやプリインストールアプリの削除も出来ます。
参考記事;http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2011/05/titanium-backup.html

■Xposed framework
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1574401
モジュールを追加することによりOSを直接書き換えずに機能を改変する事が出来ます。
参考記事;http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2013/11/kitkatandroid-44batterystatsxposed.html

■/system/app mover
https://play.google.com/store/apps/details?id=de.j4velin.systemappmover
システムアプリとユーザーアプリを相互に変換することが出来ます。
参考記事;http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2013/11/greenify.html

【その他】

AndroidとPCをケーブルで繋ぎ、PC上のSDK(開発ツール)から以下の様なカスタマイズを行う場合には、端末のroot化が必須です。

■カメラのシャッター音の無音化
カメラの設定メニューを変更し、シャッター音を無音化します。
参考記事;http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2010/11/blog-post_20.html

■プリインストールアプリの削除
プリインストールアプリのうちシステムファイルになっている物はroot化しないと削除出来ません。
参考記事;http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2010/11/blog-post_28.html

■Galleryの差し替え
Android2.2.1までのGalaxyに標準のGalleryには一度使用すると端末を再起動するまでセンサーがOnになったままになるというバグがありバッテリーを消費します。Galleryを対策済みのものに差し替える為には、root化が必要です。上記のSGS Toolsを使用すれば同様のことが出来ます。
参考記事;http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2010/12/gallery.html

■ブートアニメーションの変更
端末のパフォーマンスには関係ありませんが、趣味の問題で、ブートアニメーションを書き換えています。
参考記事;http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2011/10/blog-post_14.html

■オーバークロック
安定性重視の為、常用はしていませんが、オーバークロックして端末のパフォーマンスを挙げる事が出来ます。
参考記事;http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2011/05/tegrak-overclock.html

■Localeの追加
framework-res.apkを書き換えると、設定メニューにLocaleを追加する事が出来ます。
参考記事;http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2011/11/framework-resapklocale.html

【root化の方法】

機種はOSのバージョンによって異なります。

Galaxy S4 LTE-A用CWM Recovery(ver 5.17.1)
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2013/10/galaxy-s4-lte-acwm-recoveryver-5171.html

Nexus 7(2012、JWR66Y)のroot化
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2013/08/nexus-72012jwr66yroot.html

当ブログ内検索結果へのリンク
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/search/label/root%E5%8C%96


Galaxyと複数のGoogleカレンダーとの同期


Last update ; 18/May/2011

Galaxyでは、標準カレンダーアプリの置き換えとして、ジョルテを使用しているのですが、Android2.2.1迄のGalaxyは、標準状態では、Googleカレンダーの複数のカレンダーとの同期が出来ません。

そこで、Business Calendar Freeというカレンダーアプリを使って複数カレンダーとの同期出来る様にしてみました。

■ジョルテ
https://market.android.com/details?id=jp.co.johospace.jorte&feature=search_result

ジョルテは、直接Googleカレンダーと同期している訳ではなく、標準カレンダーアプリを介してGoogleカレンダーと同期していますが、標準カレンダーアプリの[メニュー][Calendars]に複数のカレンダーが表示されませんので、ジョルテ側でも複数のカレンダーを使用出来なくなっています。


同じAndroid 2.2を搭載しているOptimus 2Xの標準カレンダーアプリでは、複数のGoogleカレンダーと同期出来、ジョルテでも問題ありませんので、Galaxyの標準カレンダーアプリの問題と考えられます。

解決方法としては、Business Calendar Freeというカレンダーアプリを使います。

■Business Calendar Free

このアプリの設定メニューには、Googleの複数のカレンダーが表示され、このアプリでの設定内容は標準カレンダーにも反映されます。

このアプリで同期対象として複数のGoogleカレンダーを選択すれば、標準カレンダーの設定メニューにも複数のカレンダーが表示される様になり、ジョルテの設定メニューにも複数のカレンダーが表示されます。


追記(18/May/2011);

上記問題はAndroid 2.3.3にアップデイトしたGalaxyでは解消されています。

2011/04/12

Androidのアカウントとメールアドレス


Androidは「アカウント」としてGmailのメールアドレスを使いますが、メールアドレスを変えたくなった時にAndroidを初期化するのは面倒ですし、メールアドレスを変更するとクラウドにあるGoogleのサービスのデータの引き継ぎに手間が掛かります。

また、Androidで「アカウント」として使っているメールアドレスは、プライベートなデータに直結しますので、外部に公開したくないというケースもあるでしょう。

AndroidのGmailアプリでは、複数のGmailアドレスを利用し易くなっていて、外部公開用のメールアドレスを別に用意しておくと便利ですので、設定例と設定方法をご紹介します。

【自動転送設定】

PC上で外部公開用のGmailの受信一覧を開き、画面の右上の[設定]をクリックします。

[設定][メール転送とPOP/IMAP][転送]で[転送先アドレスを追加]をクリックします、


表示されたボックスに、転送先のメールアドレス(=Androidの「アカウント」で使用しているGmailアドレス)を入力して[次へ]をクリックします。


転送先のメールアドレスに確認コードが発信されますので、そのコードを確認欄にインプットすれば転送先の登録は完了です。

この時点では、登録されただけで、設定はされていませんので、次に、登録したアドレスを転送先に設定します。

プルダウンメニューから転送先としてAndroidの「アカウント」で使用しているGmailアドレスを選択し、[Gmailのメールを削除する]にして、[変更を保存]します。


これで自動転送が有効になります。

【発信用メールアドレスの設定】

PC上でAndroidの「アカウント」で使用しているGmailの受信一覧を開き[設定]をクリックします。

[設定][アカウントとインポート][名前]で[別のアドレスからメッセージを送信]をクリックします。


表示されるボックスに[名前(表示名)]と[メールアドレス(=外部公開用メールアドレス)]を入力します。


[次のステップ][確認メールの送信]をクリックすると、確認コードの入力ボックスが表示され、確認メールが外部公開用メールアドレスに送信されます。

確認メールを受信したら、メールに記載されている確認コードを上記入力ボックスに入力するか、確認用メールのリンクをクリックして、画面の指示に従い確認します。

すると、Androidの「アカウント」で使用しているメールの[設定][アカウントとインポート][名前]の部分に外部公開用メールアドレスが表示されますので、その右の[デフォルトに設定]をクリックします。

[メッセージの受信時]では[常にデフォルトのアドレスから返信する]を選択しておきます。


【運用】

上記の様に設定すると、AndroidのGmailアプリでメール作成や返信をする際に、送信者のメールアドレスのデフォルトが、Androidの「アカウント」で使用しているメールアドレスではなく、外部公開用のメールアドレスになります。

外部公開用メールアドレスから発信されても、発信履歴はGmailアプリの[送信済みメール]に表示されますし、連絡先から宛先を選択してメールを発信する際も、外部公開用メールアドレスで発信出来ます。

Androidの「アカウント」で使用しているメールアドレスから送信したい場合は、メール作成画面の送信メールアドレス欄の右端をタップすれば、Androidの「アカウント」で使用しているメールアドレスを送信元として選択する事も出来ます。


2011/04/09

Bluetoothキーボード


Galaxy用にBluetoothキーボードを購入しました。

CosyというメーカーのKB954BTというモデルで、45000Won(3500円くらい)。

パッケージにiPhone 4、iPhone 3G/3GS、Galaxy S/Tab対応と明記されています。


http://www.cosy.co.kr/300/view.php?b_category1=3&b_category2=7&b_category3=0&idx=980&page=1

大きさは22*9*2cm。辛うじてブラインドタッチが可能な大きさです。


miniUSBからの充電式で、巻き取り式のケーブルが付属しています。

Galaxyとのペアリングは、HIDプロファイルで行われ、初回だけパスコードの入力をすれば、問題なくペアリング出来ましたが、接続時にインプットメソッドが自動的に標準のSamsungキーボードに戻ってしまいますので、他のメソッドを利用している場合は、接続後に入力欄の長押しからインプットメソッドを再選択する必要があります。


GalaxyとBluetoothで接続した場合のキーアサインは下記となっています。(順次追記します。)

[Esc] ; [戻る]
[F1] ; [メニュー]
[F3] ; 電話アプリが立ちあがる
[F4] ; 画面On/Off
[スペース] ; Google Searchが立ちあがる
[{] : 同上
[}] ; 同上
[↑]/[↓]/[←]/[右] ; 選択部分の移動
[Enter] ; 画面クリック
[Fn]+[←] ; [ホーム]

OpenWNNフリック入力対応版を利用した場合は「[Shift]+[スペース]」が「文字」の切り替え(英字/平仮名切り替え)になります。

ATOKトライアル版を利用した場合は外付けキーボードからの英字/平仮名キーボードの切り替えは出来ませんでしたので、端末のディスプレイをタップして変更します。

雑貨屋で購入したスタンドを使ってこんな感じで使用しています。



2011/04/06

MarketEnablerでSIM issuer codeを変更


Last update ; 21/May/2011

Androidマーケットからアプリをダウンロードしようとすると、地域やキャリヤの違いで、アプリをダウンロード出来ない事があります。

例えば、海外キャリヤのSIMを挿していると、日本では定番のアプリがダウンロード出来なかったりします。

そこで、Market Enablerを使ってSIM issuer codeを変更してみました。

【Galaxy S韓国版+SKテレコムSIMでダウンロード出来なかったアプリ】

■ATOKトライアル[docomo]
https://market.android.com/details?id=com.justsystems.atokmobile.trial.service&feature=search_result

■ぐるなび
https://market.android.com/details?id=jp.co.gnavi.activity&feature=search_result

■mixi
https://market.android.com/details?id=jp.mixi&feature=search_result

■乗換案内(jorudan)
https://market.android.com/details?id=jp.co.jorudan.nrkj&feature=search_result

■駅探★乗換案内
https://market.android.com/details?id=com.ekitan.android&feature=search_result

docomoのSIMに差し替えれば、これらのアプリもダウンロード出来ますが、海外キャリヤのSIMに戻してしまうと、マーケットのダウンロード履歴からも消えてしまいますし、自動更新も出来ません。

【Market EnablerでSIM issuer codeを変更】

Market Enablerを使ってSIM issuer codeを変更してみました。

Root化が必須です。

また、無償版では端末を再起動するとSIM issuer codeは元に戻ってしまいますので、リブート後は、都度、設定し直す必要があります。

■MarketEnabler
https://market.android.com/details?id=ch.racic.android.marketenabler&feature=search_result


各キャリヤのSIM issuer codeは以下のアプリで調べる事が出来ます。

■Market Enabler Codes (SIM issuer code 集)
https://market.android.com/details?id=lu.artou.marketenablercodes&feature=search_result


韓国や日本のキャリヤのSIM issuer codeは下記となる様です。

 SK Telecom  ; 45005
 LGT              ; 45006
 KT                ; 45002
 docomo         ; 44010
 Softbank    ; 44004
 eMobile     ; 44000
 KDDI      ; 44008

SIM issuer codeをdocomoに変更すると、海外版のSIMを挿したままでもdocomoの端末として認識され、PC版のMarketからのプッシュインストールも出来るようになります。



2011/04/01

ファームウェアアップデイト(FROYO.TB23 => FROYO.TC22)


2011年3月31日に韓国版のGalaxy(shw-m110s)のファームウェアのアップデイトがありました。

いつも通り、OTAではなく、Samusung Kies経由でのアップデイトです。

ちょうど、国際版(GT-I9000)の2.3.3へのアップグレードと同じタイミングでしたので、期待したのですが、2.2.1のままでした。

■Firmware version ; 2.2.1 (変わらず)
■Baseband version ; M110S.TB22.1030.ST =>M110S.TC21.1008.ST
■Kernel Version ; 2.6.32.9 (変わらず)
■Build Number ; FROYO.TB23 => FROYO.TC22
■PDA ; SHW-M110S.TB23.1321 => SHW-M110S.TC22.0757
■PHONE ; M110S.TB22.1030.ST => M110S.TC21.1008.ST
■H/W ; REV0.8 (変わらず)
■MOVINAND ; DH07 (変わらず)

1)事前にバックアップは取っておいたのですが、マイナーアップデイトだったらしく、インストールしてあった3rdパーティ製のアプリのショートカットは、アップデイト後もホーム画面にそのまま残っていて、問題なく使えました。

ホーム画面上のWidgetも消えていませんでしたし、マーケットの履歴も残っていました。

参考記事;http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2011/02/blog-post.html

無音化してあるカメラのシャッター音にも影響はありませんでした。

参考記事;http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2010/11/blog-post_20.html

2)相変わらず、Galleryのbattery drainバグ(一度Galleryを起動させると、Gallery終了後もセンサーがOnのままになるバグ)は残っています。


Galleryを対策版に差し替えました。

参考記事 ; http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2010/12/gallery.html