2012/05/31

バッテリ消費計測(Galaxy S2 Android 4.0.3)



韓国版のGalaxy S2(ICS公式ROMにアップデイト済)のバッテリ消費量を計測してみました。

従来同様、どなたでも計測して比較出来るように、特別なアプリ等は使わず、寝る前に充電してから充電器を抜き、翌日に初めて使う際に[Settings][Battery]で確認した数値を記載しています。

■機種 ; 韓国版Galaxy S2(shw-m250s) Android 4.0.3 Tegrak kernel適用済
■使用アプリ ; http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2010/11/home.html
■プリインストールアプリの削除 (Galaxy S2編) ; http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2012/03/android-403.html
■省電力設定 ; http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2010/12/blog-post_11.html
■Galaxy S2用純正拡張バッテリー ; http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2011/09/galaxy-s2.html

測定結果

測定時間測定開始時測定終了時1時間あたり
08:22100%94%0.7%
08:45100%95%0.6%
09:42100%94%0.6%
07:04100%94%0.8%
06:57100%93%1.0%
08:17100%93%0.8%

平均バッテリ消費 ; 0.768% / hour

(参考)過去の計測結果
Galaxy S2、Android 2.3.3、拡張バッテリ ; 0.385% / hour
Galaxy S2、Android 2.3.3          ; 0.629% / hour
Galaxy S、Android 2.3.3           ; 0.502% / hour
Galaxy S、Android 2.2.1           ; 0.635% / hour

バッテリ消費計測 (Galaxy S2 + 純正拡張バッテリー)  

「Galaxy S2、Android 2.3.3、拡張バッテリ」の計測値と比較するとかなり悪化していますが、原因がICS(Android 4.0)にあるのか、バッテリの劣化なのか、追加したアプリ(特にLINE)にあるのかは判りません。

CPU SPYで確認すると、Deep Sleepには問題なく入っていて、[Settings][Battery]で確認すると、Android OSの使用比率が高く、逆に、LINE(通知を有効にしている)は殆ど消費していません。

CPU Spy

2012/05/30

KYBERで日本語OCR



KYBERの日本語OCR機能を試してみました。



KYBER for Windows

今回試してみたのは以下の流れです。

1)文具店で購入したKYBER SmartNoteに手書きで記入
2)Android上でKYBERアプリを起動しKYBER SmartNoteをカメラで撮影
3)クラウドで自動的にテキスト変換
4)Android上のKYBERアプリ及びPC上のKYBERアプリから閲覧・加工

【操作手順】

AndroidにインストールしたKYBERアプリを起動し、[Camera]をクリックして、記入済みのノートの写真を取ります。(事前に、KYBER SmartNoteに印刷されているQRコートをKYBERアプリから読み込んでアクティベーションしておく必要があります。)


暫く待つと、[Viewer]上にOCR結果が表示されます。


今回の場合、クラウドでのテキスト変換の所要時間は8分29秒でした。

PC上にKYBERアプリをインストールすれば、同じファイルにPCからもアクセス出来ます。

勿論、このテキストデータを他のアプリにコピペして加工する事も出来ます。


一部、業務上の記述なのでモザイクをかけていますが、それ以外の部分を原文(乱筆です)と比較してみると、変換精度が非常に高い事が判ります。

正しく変換出来なかったのは以下の3箇所だけです。

 GWANG JU => GWANG ?V ・・・海外(韓国)の地名ですし、"U"と"V"は難しいです
 NOLED => NOLEP ・・・乱筆なので"D"と"P"は難しいです 
 発注 => 発活 ・・・こちらも字が汚すぎました

【感想】

長所 

・日本語OCRのテキスト変換が比較的短時間で可能
・日本語OCRのテキスト変換の精度が非常に高い
・OCRしたテキストをPC上で自由に編集出来る

■懸念点/不満点

・OCRの変換精度を上げる為人力(海外)を介しているとの事でセキュリティ面が心配
・ノートを購入等でプリペイドでの使用となるが、ビジネスの継続性の保証が無い点が心配
・Android版のアプリのサイズが異常に大きい
・ShotNote等と比較して販売されているノートの種類(サイズ)が少ない


KYBER Smartnoteライアップ
http://www.o-rid.com/jp/features/smartnote.html



2012/05/28

Xperia用の音楽プレーヤをGalaxyで利用する




Last Update ; 31/May/2012

Xperia用の音楽プレーヤ(Walkman)をGalaxy S2 (shw-m250s)に移植してみました。

参考にしたのは以下の記事です。

Xperia向け新ミュージックプレイヤー「Walkman」のapkファイルが流出
http://juggly.cn/archives/61483.html

[APP][ICS] Walkman (sony music player)
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1676013

音楽プレーヤ本体のファイルと関連ライブラリが配布されています。

ICS(Android 4.0)専用です。

本体は、通常のアプリと同様にインストールすれば、アプリ一覧にアイコンが現れます。


マニュアルで配置する必要があるファイルの置き場所は下記です。

/system/etc/audio_effects.conf
/system/lib/soundfx/xxxxxxx.so

但し、以下のファイルについては、元々、このフォルダに同名のファイルが存在しますので、オリジナルのファイルは事前にバックアップしておいてください。

audio_effects.conf
libaudiopreprecessing.so
libbundlewrapper.so
libreverbwrapper.so
libvisualizer.so

起動したら、上部のタブで「再生」と「マイミュージック」とを切り替えます。


プレイリストは標準の音楽プレーヤと共用出来ます。


アルバムやアーティスト単位の表示にも対応しています。 


メニューキーからは、イコライザの設定画面を表示したり、再生モードを切り替えたり出来ます。


当方の環境では、プリセットのイコライザは上手く動きませんでした。

ユーザ設定は過剰なくらいにエフェクトが掛かります。

特に、イコライザをプラス側にすると音量がかなり大きくなりますので注意が必要です。

2012/05/27

Google Korean IME


Googleの韓国語インプットメソッド(キーボード)を試してみました。

Google Korean IME
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.inputmethod.korean

以前に以下の記事でご紹介したkorean Hangul Keyboardの様な携帯型の入力は出来ませんが、予測変換が出来るのが特徴です。

インプットメソッドの追加
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2010/12/blog-post_17.html

Korean Hangul Keyboard (PC風ハングル入力メソッド)
https://market.android.com/details?id=com.socialnmobile.hangulkeyboard

インプットメソッドをインストールしたら、まず、設定メニューからそのインプットメソッドを有効にしておいてください。


Android 4.0(ICS)の場合は、通知エリアを下にドラッグして引き出すとインプットメソッド(キーボード)を選択・切り替え出来ます。


Gingerbread以前のバージョンの場合は各アプリの入力エリアの長押しからインプットメソッド(キーボード)を切り替えてください。

Google Korean IMEの起動時には英語のキーボードが表示されますが、左下の[한글]ボタンを押すとハングル入力用のキーボードになります。


左下の[한글]や[ABC]ボタンを長押しすると、インプットメソッドの設定やインプットメソッドの選択が出来ます。


設定はお好み次第ですが、"Korean Keyboard Type"からハングル入力用のキーボードのタイプを選択する事が出来ます。


ハングル入力用のキーボードにはシフトキーのあるタイプ(2 bulsik)と無いタイプ(short vowel)があります。


シフトキーの無いタイプ(short vowel)で濃音("ㅃ"や"ㅉ")を打つ際には"ㅂ"や"ㅈ"を連打します。

2012/05/25

Galaxyの音楽プレーヤのプレイリスト消失対策



Last Update ; 02/Nov/2012

このところ、Galaxy S2の音楽プレーヤのプレイリストが頻繁に消えてしまう症状に悩まされてきましたので、対策してみました。

uSDカード側に音楽ファイルを置いているのですが、何かの拍子に、メディアスキャンが終わらないうちにプレイリストを参照したりすると、プレイリストが消失してしまう様です。(詳しい原因は判っていません。)

そこで、標準の音楽プレーヤでプレイリストを作成する代わりに、別途作成したプレイリストファイル(xxxx.m3u)を本体側に置き、標準の音楽プレーヤに読み込ませる様にしてみました。

プレイリストファイル(xxxx.m3u)の中身はテキストファイルなので、エディタ等で書く事も出来ますが、以下のアプリを使うと、端末上で簡単にプレイリストファイルを作成出来ます。

My Playlist Maker
https://play.google.com/store/apps/details?id=at.schima.apps.mpm2

但し、このアプリでは、プレイリストに載せる音楽ファイルの選択方法に制限がありますので、若干の工夫が必要です。

【注意点】

My Playlist Makerは、1つのフォルダ内の複数のサブフォルダ内にある音楽ファイル全てをまとめて1つのプレイリストにしたり、サブフォルダ毎にプレイリストを作成したりする事は出来ますが、別々のフォルダ内にあるサブフォルダを選択して1つのプレイリストを作成したり、個別の音楽ファイルを選択してプレイリストを作成する事は出来ません。

その為、事前に、作成したいプレイリストに合わせて音楽ファイルをフォルダ分けしておく必要があります。

【作業例】

1)音楽ファイルのフォルダ分け

まず、音楽ファイルを置くフォルダを以下の様に変更します。

元々のフォルダ構成
/sdcard/external_sd/Music/アーティスト名/アルバム名/XXXXXX.mp3

今回変更したフォルダ構成
/sdcard/external_sd/Music/プレイリスト名/アーティスト名/アルバム名/XXXXXX.mp3


2)プレイリストの作成


My Playlist Makerを起動し、"Select music directory"ボタンをクリックして、プレイリストを作りたいフォルダを指定します。

上記のフォルダ構成の例だと、以下を指定する事になります。

/mnt/sdcard/extSdCard/Music/プレイリスト名/

"Slect playlist directory"では、音楽ファイルを置いているuSDカード側ではなく、本体側のフォルダを選択します。

今回は、以下としました。

/mnt/sdcard/Music

"Select file types to search"はお持ちの音楽ファイルの形式に合わせてください。

プレイリスト名のフォルダの下にアーティスト名のフォルダを置いていますので、”Include sub directories ”をチェックします。


"Create an own playlist for each (sub)directory."をクリックするとサブフォルダごとに別々のプレイリストが出来てしまいます(今回の場合はアルバム単位になってしまいます)ので、この項目はチェックしません。

新規にプレイリストを作成する場合やフォルダ内の曲に変更が無い場合は、"Clean the selected playlist directory"はチェックしません。

プレイリストを作り直す場合はこの項目をチェックしてください。

上記設定が終わったら、画面一番下の"Generate"ボタンを押すと、プレイリストファイルが作成されます。

複数のプレイリストを作成する場合は、"Select music directory"から別のフォルダを選択し、上記を繰り返して下さい。

2012/05/23

docomo版GALAXY S II(SC-02C) 公式ROM Update (KL4=>LE1)


2012年5月21日にdocomo版GALAXY S II(SC-02C)の修正ファームウェアが配布されました。

■改善内容

電話帳に登録されている住所が、正常に表示されない場合があるのを改善

韓国版では既にAndroid 4.0 (ICS)へのアップデイトが配布されていますが、今回のアップデイトではGingerbreadのままです。

Samsung Kiesからアップデイトしました。


■Kernelバージョン等

・Androidバージョン ; Android 2.3.6
・ベースバンドバージョン ; SC02COMLE1
・カーネルバージョン ; 2.6.35.7-SC02COMLE1-CL1077917 se.infra@SEI-47#2
・GINGERBRAEAD.OMLE1

アップデイト後に壁紙も初期化されませんでしたので、マイナーバグフィックスの様です。

2012/05/20

BS80S1M("Real 4D"ヘッドホン)




”Real 4D”ヘッドホンを購入してみました。

メーカー ; echoshell
モデル名 ; BS80S1M
Web Page ; http://www.echo-shell.com/renew/index.html (韓国語)
価格 ; 39800Won(2800円)。

echoshellというのは韓国の会社で、HPも韓国語です。

VIBEという商標を使用しています。


"Real 4D 感覚ユニット"という物を採用しており、音の30%は軟骨や表皮を通じて伝わるとの事で、再生時にはヘッドホン本体がかなり振動し、迫力のある低音が響きます。


再生端末側で低音を強調した設定にすると更に効果が高い様です。


価格がお手頃なので、特に、映画やゲームを楽しむ際にはお勧めだと思います。

HandBrakeでDVDをエンコード


PC上でHandBrakeというソフトを使ってDVDをAndroidでの再生用にエンコードする手順の覚書です。

著作権関連については自己責任にてお願いします。

【事前準備】

以下のソフトをPCにインストールします。

HandBrake
http://handbrake.fr/

DVD43
http://www.dvd43.com/

【エンコード手順】

DVDをドライブに挿入します。(自動再生された場合は停止します。)

HandBrakeを起動し、以下の様に設定します。


1)左上の「Source」ボタンを押してドライブを選択します。

2)「Destinaition」(ファイルの保存先とファイル名)を指定します。(任意)

3)右側ボックス内の「Presets」から「iPhone & iPod Touch」を選択します。

4)「Container」で「MP4 File」を選択します。

5)「Picture」タブは下記設定とします。

 Width                    ; 720 
 Keep Aspect Ratio ; 選択
 Anamorphic     ; None
 Cropping      ; Automatic

6)「Video Filters」タブはデフォルトのままで構いません。


7)「Videos」タブでは下記設定とします。


 Video Codec  ; MPEG-4(FFmpeg)
 Framerate       ; Same as source
 Quality            ; Constant Quality  ; QP13

8)「Audio」タブの設定は好み次第です。


9)「Subtitles(字幕)」タブの設定もお好み次第ですが、ここでは、英語音声に英語字幕(常に表示)にしています。(「Burned In」を選択すると字幕が常に表示されます。)

 
10)「Chapters」と「Advanced」のタブは未設定で構いません。

設定が終了したら「Start」ボタンをクリックしてエンコードします。

エンコードには時間が掛かりますので、終了のボックスが出るまで気長に待って下さい。(PCのスペックにも依りますが、今回は映画1本をエンコードするのに1時間半以上掛かりました。)