2014/04/22

SKテレコムのLTE-AとブロードバンドLTE


2014年4月21日の韓国内各紙は、SKテレコムがLTE-Aサービス(Band3とBand5のCarrier Aggregation)を首都圏と主要広域市で事前の予告無しに中止し、ブロードバンドLTE(Band3 20MHz)に一本化したと報じました。

これを受け、「LTE-A端末購入者は無駄な投資を強いられた」と問題視する記事が多数掲載されています。

しかし、調べてみると、確かに、ブロードバンドLTE導入によりLTE対応端末の最大通信速度(ダウンロード)は従来の75Mbpsから100Mbpsに向上していますが、LTE-A対応端末の場合はLTE-AでもブロードバンドLTEでも150Mbpsであり、ブロードバンドLTEの導入により両者の差は縮まってはいるものの、LTE-A対応端末の優位は保たれています。

■SKテレコム最大通信速度(ダウンロード)
  Band3/Band5 10MHz Band3 20MHz
LTE対応端末 75Mbps 100Mbps
LTE-A対応端末 150Mbps 150Mbps

ブロードバンドLTEの方がLTE-Aよりも高効率で、端末側にとっても省電力な為、LTE-A対応機種の場合は、ブロードバンドLTEがサポートされている地域では、LTE-AよりもブロードバンドLTEが優先されるとの事なのですが、当方の環境では、ブロードバンドLTEがサポートされている地域で"SKT Hidden Menu"で"LTE ALL"や"LTE B3 Preferred"に設定(注1)しても、"ServiceMode"で確認(注2)すると、"B5"(Band5)で繋がってしまっていますので、強制的に"LTE B3"(Band3)を選択しておいた方が良いのかも知れません。


(注1)下記アプリで[SKT Hidden Menu List][Network Setting][1.Network mode]と進んで下さい。


(注2)電話アプリで"*123456#"と入力してください。


2014/04/21

Galaxy S4 (shv-e300s)ファームウェアアップデイト(NB2=>ND1)


韓国版Galaxy S4(shv-e300s、SKテレコム)のファームウェアのアップデイトが配布されました。

更新内容は、「ストーリーアルバム動作に関連する安定化コードを適用」とのことです。

2014/04/18

Wakelock Detectorで不要なWakelockを検出して対策する


Wakelockとは、画面を点灯させ続けたり、CPUを実行させ続けたりする仕組みの事です。

この仕組みにより、ユーザが端末を操作しなくても、動画や音楽を再生し続けたり、GPSやWiFiを使い続けたり、端末の同期中に端末をスリープさせない様にしたりする事が出来ます。

しかし、ユーザが意図しない/必要としないWakelockが保持されていると、画面がOffになっても端末がスリープに入らず、バッテリーの消費が激しなります。

そこでWakelock Detectorを使って不要なWakelockが発生していないかを確認することをお勧めします。

1)計測

Wakelock detectorをインストールして、数分~数時間程放置します。

この間にデータが計測・集積されます。

Wakelock Detector
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.uzumapps.wakelockdetector

OSに詳しい場合を除いて、設定メニューから"Advanced mode"はOffにしておいた方が良いでしょう。


2)解析と対策

Wakelock Detectorで表示する内容は"Screen wakelock"、"CPU wakelock"、"Wakeup triggers"の3種類から選択出来、 それぞれのソート順は"Running"、"Usage"、"ABCD..."から選択出来ます。("Advanced mode"がOffの場合。)


■Screen Wakelock

"Screen wakelock"は画面もOnにするWakelockです。


使用した覚えが無いアプリがここに表示される場合は見直しが必要ですが、使用したアプリが表示されるのは基本的には問題ありません。

■CPU wakelockとWakeup triggers

"CPU wakelock"はCPUを実行し続けさせます。"Wakeup triggers"はスリープから復帰させる指示の事です。

意図して使用していないアプリがこれらの画面に表示される場合は確認と対策が必要です。


各アプリをクリックするとメニューが表示されます。


この画面からGreenifyに登録して休止させる事が出来ます。

(参考)常にバックグラウンドで起動してバッテリーを消費しているアプリをGreenifyで休止
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2013/11/greenify.html

全く不要なアプリの場合は、OSの設定で無効にしたり、アプリ自体をリネームして無効化したりすると良いでしょう。

(参考)Galaxy S4で無効にしているアプリ
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2013/05/galaxy-s4.html

(参考)不要なプリインストールアプリを一括で無効化するスクリプト
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2014/03/blog-post.html

機種やOSのバージョン、使用方法に依り無効化すると不都合が出るアプリもありますので、検証しながら自己責任でお願いします。

3)Wakelock Detectorを休止

Wakelock Detector自体がバッテリーを消費しますので、計測・解析時以外はGreenifyで休止しておくと良いでしょう。


Greenify
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.oasisfeng.greenify


2014/04/13

無料通話/SMSアプリを使ってLINEやカカオを登録する


先日、WiFiモデルのタブ(Nexus 7 2012 WiFiモデル)を初期化したので、LINEやカカオを再度登録しなければならなくなりました。

しかし、このタブで使っているLINEやカカオは日本のSIMを挿したスマホを使ってSMS認証を行ったものなので、海外(韓国)で再登録しようとすると、ローミングになってしまいます。

韓国のSIMも所有しているのですが、その番号をLINEやカカオの認証に使用すると、そのSIMを使っている別のスマホに登録したLINEやカカオが初期化されてしまいます。

そこで、仮想電話番号が使える無料通話/SMSアプリを利用してLINEやカカオを登録してみました。

【手順】

1)Voxoxへの登録

SIMが入っていてSMSが使えるスマホを用意します。

ここで使用するスマホで既にLINEやカカオを使用していても問題ありません。(登録済のLINEやカカオが初期化される事はありません。)

このスマホにVOXOXをインストールして、ユーザー登録します。

Voxox
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.telcentris.voxox


"COUNTRY CODE"と"PHONE NUMBER"を入力します。("PHONE NUMBER"は頭のゼロを取って入力します。)

"Email Adress"、"Username"、"Password"は任意の物を入力します。

上記を全て入力して、"Sign Up"をクリックすると認証番号入力画面になります。


SMSで認証番号が送られてきますので、"Enter Activation code"に入力して"Verify"ボタンをクリックすると、登録が終了し、米国の仮想電話番号(1-***-***-****)が取得出来ます。


2)LINEやカカオの登録

LINEやカカオの登録時にVoxoxで登録した米国の電話番号を認証用の電話番号として使用します。(国名は米国を選択してください。)

VoxoxにLINEやカカオの認証番号が送られてきますので、その認証番号を使用して登録します。


3)Voxoxのサインアウトやアンインストール

ここまでが終わったら、Voxoxは不要です。"Signout"するか、アンインストールしておきましょう。


上記手法は、本記事作成時点では有効ですが、実際には1つしかSIMを持っていない場合でも複数の端末にLINEやカカオを登録出来てしまいますし、極端な場合、他人の端末を一時的に借りてLINEやカカオに登録することも出来てしまいますので、将来、規制されるかも知れません。


Galaxy S5(グローバル版、SM-G900F)用CWM/TWRP/CF Auto root


Last Update : 19/Mar/2014

4/11にGlobal LaunchされたGalaxy S5グローバル版(SM-G900F)用のCWM、TWRP、CF Auto rootが早くも公開されています。(当方は動作未確認です。試される方は自己責任でお願いします。)

韓国版(SM-G900S=SKテレコム版)では使えないとの情報がありますので注意してください。

↓グローバル版用CWM
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2697523

↓グローバル版用TWRP
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2697762

↓グローバル版用CF Auto root
http://download.chainfire.eu/397/CF-Root/CF-Auto-Root/CF-Auto-Root-klte-kltexx-smg900f.zip

↓韓国版では使えないとの情報はこちら。(韓国語なのでブラウザの翻訳機能等を使ってください。)
http://www.matcl.com/?m=bbs&bid=imbeded&uid=222315
http://www.matcl.com/?m=bbs&bid=usermoim&uid=222359

【追記1】

↓韓国版用のCWMが配布されました。
http://www.matcl.com/?m=bbs&bid=appDB&uid=226704 (韓国語)

【追記2】

↓グローバル版用のROMは既に配布されています。
http://samsung-updates.com/device/?id=SM-G900F
http://www.samfirmware.com/

【追記3】

↓SM-G900S(Galaxy S5韓国版、SKテレコム)もROMが公開されました。
http://www.samfirmware.com/